商品情報 product Info

Wine

ポテンティーノ "Piropo" ピノネロPotentino "Piropo" Pinot Nero IGT Toscana

PT-PN713.pngポテンティーノ "Piropo" ピノネロ IGT Toscana
Potentino "Piropo" Pinot Nero IGT Toscana

PT-PI713-E.JPG

 

生産者: Castello di Potentino

 

カステッロ ディ ポテンティーノは、トスカーナ州のグロセット県の東側、ウンブリア州境に比較的近いセッジャーノ(Seggiano)という人口1000人ほどの小さな街付近にあるお城で、山に囲まれています。セッジャーノはフィレンツェからは140km、シエナからは70km、またモンタルチーノから30kmほどに位置しています。また最近では、Montecucco DOCとなりました。

 

ポテンティーノ城は海抜350mにあり、トスカーナ州で一番高い山、アミアータ山(1738m)の中腹に位置しています。盆地のような地形のため夏は暑いですが、夜になると山から風が吹き下ろしてくるため、一日での寒暖の差が非常に大きい地域です。

 

土壌は火山灰に砂利が混ざっていて、地質学的にミネラル分が多く含まれる土壌となっています。4ヘクタールの畑で、1ヘクタール当たりの作付けを5000本以内に収めることで、畑は隅々まで管理されています。この徹底した生産管理で、ブドウは毎年完熟の時期を見定め収穫されています。植樹は2000年で、今後のヴィンテージは無農薬のテロワールがますます表現される期待が高まります。

 

また、年間の総生産量は約20,000本で、産出量を抑えることで満足のいく高品質のワインだけをつくりだすようにしています。また畑は手間を惜しまずに完全無農薬になっており、EUのビオ(Bio)を基準値をさらに下回る二酸化硫黄の数値になっています。

 

商品名のPiropoは、パイロペ(pyrope)と呼ばれるとても貴重な紫色の調整を持つ宝石のガーネットで、ルネッサンス時代の詩人がワインのメタファーとして使っていたところから名づけられています。フルーティーでエレガントな果実香に、スパイスノートが心地よく感じられるフィネスあるブーケのきれいな印象を受けるピノネロです。トスカナ―ではピノネロ自体はそれほどは盛んに生産されておらず、ある意味珍しさもあるトスカーナのピノネロですが、とてもよくバランスの取れたストラクチャと透き通った果実味が、ピノネロというよりはピノ・ノワールと呼べるような素晴らしい仕上がりです。皮が薄く病害に弱いピノ・ノワールを無農薬でここまで作り上げるのは、生産者の行き届いたケアが思い入れが表れています。またピノ・ノワールこそ収量を抑えることが重要で、ブドウの熟成もギリギリまで見極めた上で丁寧に手摘みで行い、酵母も自生酵母を使っています。年間生産量は約3500本と、とても貴重なワインです。

 

IMG_3335.jpg IMG_1645.jpg

 

Class 等級:  IGT Toscana

Region 生産州:  Toscana

Area 原産地:  Seggiano (Grosetto)

Grapes ブドウ品種:  Pinot nero 100%

Alchol 度数: 14.5%

Aroma 香り:  スパイス感を感じられるデリケートでフィネスのある複雑で上品な香り。

Taste 味:   ドライでバランスのとれた、溢れる果実味とあとからタンニンが心地よく調和するストラクチャ、長く持続する余韻。

Colour 色:  ガーネット色のルビーレッド。

Ageing 熟成: 50HLのフレンチオーク樽で18日間発酵後、最低24カ月熟成。9カ月ボトル熟成。

Production 年間生産量: 約3,500本

アルグスト

プリマヴェーダ ページトップへ